制震のお話

vintage1.jpgwood.jpg
<↑HOMAシリーズより

今回は近くなりました
防災の日にちなみまして
地震と建物のお話です。

地震から建物を守る方法の考え方は
大きく分けて3つです。
「耐震」揺れに耐える
「制震」揺れを吸収する
「免震」揺れを伝えない


日本で地震に対する備えは
「耐震」が最も多いのですが
弊社のラインナップ「HOMA」では
「HOMAダンパー」を使った
「制震」構造となっております。

2016年の熊本地震ではこのダンパーを
装着した住宅では被害が無かったことが
報告されています。
0.47度の傾きで構造用合板が
0.6度の傾きで筋かいが破損し始めますが
ダンパーで僅かな揺れも吸収することにより
損傷前に有効に働くため、建物の被害が少なく
継続使用が可能となり 減災に貢献します。

法隆寺五重の塔やスカイツリーに制震の考え方が
採用されているなんて
知りませんでしたが
昔は名もなき優秀な棟梁が使った技術が
現代では住宅に適用できるようになったなんて
時代の恩恵ですね♪

*******************
さて、8月29日、30日に
このブログに何度か登場しております
<浅間A棟>の完成見学会を行います。
今回の見学会では構造材に隠れてしまう
制震ダンパーの実物をご覧頂く事ができます。
詳しくはこちら

QUOカードがもらえる特別キャンペーンも
始まりましたのでお時間ございましたら是非♪
*******************

長くなりましたが
皆様熱中症にはお気をつけて
お過ごしくださいね!

kikyuu_family.png


ご挨拶と<浅間A棟>①のご案内♪

こんにちは。田植えの時期もすぎ
もうすぐ梅雨いりしそうですね。

こちらのスタッフブログは女性スタッフ2人で
運営しており交代しながら
暮らしにまつわる色々なことを
書き綴っていきたいと思います。
お時間ございましたら
ぜひブログをのぞいてみて下さいね。

さて、弊社では6月6日(土)7日(日)
二日間にわたり<浅間A棟>の
完成見学会を行いました。
今日は 浅間A棟の
様子を少しだけご案内します。

s-062.jpg

外観はグレーとネイビーの直線的なデザインです。

玄関を開けてホールを抜けると
LDKになっています。

s-054.jpg

誰もいない空間なのに
なんだか子供たちの鈴が転がるような笑い声が
聞こえてくる気がしませんか?

この和やかな空間の秘密は。。。
s-049.jpg

①無垢の床
浅間A棟では全室の床を無垢材で仕上げています。
無垢の床の素晴らしいところは
夏はさらりと涼しく冬はほんのり暖かい
足触りにあります。

裸足で過ごすと小さなお子様の足の成長にも良いと言われますが
大人もリラックスして素足で過ごしたくなってしまいますね♪

仕上はオイルフィニッシュで
植物由来オイルの先駆け「リボス」を使用してます。
リボスはドイツ生まれのオイルで安全性が高く食用レベルの
亜麻仁油を原料としています。
ちいさな命に サスティナブルな未来をプレゼントしたいという
気持ちを込めています。

長くなりましたが②、③と続きます!