初めてのCADパース作成

立冬過ぎても暖かな日が続いて助かりますが
皆様いかがお過ごしですか?
女性スタッフが一気に増えて、まさしく
「ピースフル」な雰囲気でお仕事しております。

さて、先日はCADでパースの作成に挑戦いたしました。

新しいイメージ.jpg


インテリアコーディネーターの試験で
手描きパース作成は勉強しましたが
CADでパース作成は初めてで
四苦八苦...!
新しいイメージ (3).jpg

LDK1.jpg

アーキトレンドVER5の
ごく基本の設定なので
光源の設定とか、まだまだ研究の余地が
たっぷりありますが(汗)

お客さまからは
「これ、描くの大変だったでしょう」
とねぎらって頂きホッとしました。
(なにしろ初期の拙いパースから延々とお待たせいたしました)
技術的に課題はたくさんありますが
とにかく熱意だけは汲んでいただいたのだと思います。
大変勉強になりました。

来週からは 波田の完成見学会の準備が始まります。
ご覧頂いている皆様に おめにかかれますように...!


パレットを使った簡単DIYにチャレンジ♪

002.JPG


観葉植物なので 部屋の中で育てていたのですが
あまりに元気がなかったので 夏の間
時々陽のあたる
戸外に出して3倍の大きさに!
太陽の光には とびきりの栄養素が
含まれているんですね。

寒くなったので室内に入れたので
パレットを使って簡易植物棚を作りました。

<用意したもの>
架台(イケア、一組¥3,000)
パレット(もらったので¥0)

<かかった時間>
5分

<作り方>
1、パレットを裏返しにする
2、架台に載せる

006.JPG

無塗装ですが
腐食が気になる方は
キシラデコールやワトコオイルで塗装
ささくれが気になる人は
#120位のペーパーをかけてから
#320くらいのペーパーをかけて下さい。


架台は可変性を生かして
簡易のテーブルや作業台としても
使えますので一組あると
生活の楽しみが広がりますね♪


今週もご覧いただきありがとうございます。
すこしづつ冷えてきますので
無理をせず暖かくしてお過ごしください。


[知っておきたい]もし新築して欠陥が見つかったら?

先日お客様から
「もし建ててから欠陥が見つかったらどうなるのですか?」
というご質問を頂き良い機会ですので
(説明が難しいですが頑張って)ご紹介いたします。

新築住宅を供給する事業者には、
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により
住宅のお引き渡しから
10年間の「瑕疵(かし)保証責任」が
義務付けられています。
この場合の「瑕疵(かし)」は「欠陥」を意味します。


木造住宅の場合、ざっくりなのですが
「基礎」「土台」「柱」「屋根」「外壁」
に欠陥があった場合補修を受けることができます。


安心ですね!
group_family_asia.png


でも・・・肝心の事業者が倒産してしまい、
その後に欠陥が見つかったら???
この解決策が「住宅瑕疵担保履行法」という法律です。

事業者が倒産した後に瑕疵(欠陥)が見つかった場合、
お客様に少ない負担で瑕疵(欠陥)の修補が行えるよう、
事業者に対して「保険への加入」、または「保証金の供託」にて、
資力を確保するよう法律で義務付けられています。

これにより、肝心の事業者が倒産してしまっていても、
お引き渡しから10年以内に瑕疵(欠陥)が見つかった時に、
保険金や保証金で修理費用をカバーしてくれます。

この法律で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と
雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。(先述の太字の部分です)

002.JPG

契約の際「瑕疵保険」という項目があるのですが
それが今回のブログの内容に充当します。
建築は法律と密接にかかわっているので
難しい言葉が多いのですが
もしわからない言葉があったら
ご説明いたしますので
遠慮なくお問い合わせくださいね!

今回は難しくて悩みながら書きました~~~
(自分で内容を設定しているので自業自得ではあります)
長文お付き合いいただき ありがとうございました!

現地調査と建方(たてかた)

本日は現地調査の為塩尻市へ。

s-002.jpg

建築士さんと基礎屋さん、弊社社長。
図面を見ながら およその建物の大きさや
伐採する樹木を確認したり、建物のイメージを
膨らませます。

その後 現在進んでいるS様邸の
施工管理の為 波田へ。
s-006.jpg
配管工事が終わり、剛床が張られていました。

来週月曜日から建方(たてかた)が始まります。
建方(たてかた)とは
「現場で構造部材を建てること」をいいます。

鉄骨や木造は構造部材を工場で製作をして その後現場で職人さんが
組立を行っていきます。建方(たてかた)の進行と共に
建て入れ直し(たえいれなおし)を行います。
建て入れ直しは構造部材が所定の精度で収まるように
位置や角度を調整することです。

(大手住宅メーカーのプレハブ構造のように 工場で箱状の部屋を現場で
組み立てる方法もあります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インテリアコーディネーターのイメージとして
壁紙や住設の仕様を打ち合わせたり...というのが
主な仕事のように思われますが
意外と現場に出向くことも多く
調整力が求められるお仕事だと
このところ痛感しております。

本日もご覧いただき
ありがとうございます。
朝晩涼しくなりましたので
お体を大事になさってくださいね。


<浅間A棟>のカーテンをコーディネートしました♪

こんにちは。
家庭菜園の雑草の勢いに
圧倒されている毎日です。
皆様いかがお過ごしですか?
私はお休みの日にラズベリーのジャムを作って
さわやかな風味にご満悦です。

s-002.jpg

さて、今回は<浅間A棟>の
カーテン取付について綴ってみたいと思います。

今回はダブルのカーテンレールとカーテン、
ロールスクリーンを取り付けました。

浅間A棟は
気持ちのいい無垢の床と
雰囲気のある珪藻土なので
その良さを引き立てる
ただただシンプルな
カーテン、ロールスクリーンを選びました。
サイザル麻に似たざっくりした
テクスチャーです。

s-036.jpg


(雨の日は撮影泣かせ。。)


遮光性能も2級で(人の顔が判るレベル)
カーテンは嬉しいウォッシャブル。

カーテンレールも壁の柔らかな質感と窓枠の色に合わせて
少しニュアンスのある加工の白いものを
取合わせてみました。
施工の職人さん、ありがとうございました。

なんだか落ち着いて勉強できそうな雰囲気で
成績が上がっちゃいそうですね(笑)

おうちの新築、建て替えに併せて
インテリアのことなどのご相談も
お気軽にどうぞ!
お問い合わせはこちらから

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。
素敵な1週間になりますように。

<浅間A棟>のご案内②♪

こんにちは。

雨が降り続いておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
おひさまにそろそろ会いたいですね。

さて、1回飛ばしましたが
浅間A棟のご案内2回目をお届けいたします。

今回は サービスヤード(家事庭)についてです。

間取りではなかなか判らない部分なのですが
この浅間A棟には東側(道路の反対面)に
サービスヤードが付いています。
<家事庭>とも呼ばれるスペースなのです。

049.jpg

土地と建物の上手いバランスでできた
空間なのですがこれが付いていると
家事の機動力が格段に上がります。
主婦の大変心強い味方です!

毎日の生活を廻しながらきれいなお部屋をキープするには
可燃物、不燃物のごみ、季節の道具(たとえば雪かきや
草むしりの道具やバケツ、ETC...)
出来れば人目につかず(自分も見たくなく)
生活をしている以上必ず発生するものですよね。

サービスヤードが付いていれば大丈夫!

浅間A棟のサービスヤードは
小さな物置も置けそうなスペースです。
直射日光も当たりにくいので
ホームクリーニングした
おしゃれ着なども
洗濯機置き場が近いので
さっと干せそうです。

サービスヤードの使い方は自由自在、
毎日を気持ちよく過ごすためには
片付けの事を考える必要があります。
新築をお考えの方は<家事庭>
おススメですよ(^^)

お問い合わせ、見学希望はお気軽に♪<コチラ
間取りなど<コチラ>からもご覧いただけます。

本日もご覧いただきありがとうございました♪