AMILIE(アミリエ)のページが新しくなりました☆

こんにちは!
雨が降ったり、涼しい日が続いていたかと思いきや、
昨日から急に暑くなり始めましたね!

松本、塩尻近辺の学校ではプール開きを行ったところも多いようで、
プールの授業を心待ちにしているお子さんも
沢山いるのではないでしょうか(^^)

今年は去年、一昨年と比べて学校でのイベントなども
開催できるところが増えてきているそうなので
貴重な学生生活、沢山の思い出や経験ができたらいいなと思っております☆

さて弊社でお配りしている、ペットと幸せに暮らすためのお家の情報誌
「AMILIE(アミリエ)」ですが、
こちらの総合サイトの弊社のページがリニューアルいたしました♪
★AMILIEのサイトはこちらをクリック★

スクリーンショット (16).png

ペット愛好家がペットと幸せに暮らす家を探せるこちらのサイトですが
これから住まいを探そうとしている方、
住まいを建てようとしている方、
リフォームをしようとしている方、
将来ペット向けに住まいを検討している方に
役立つ情報をお届けしています。

弊社も長野県の『ペット愛好家の住まいの専門店』として
こちらのサイトで紹介して頂いております!

ピースフルハウスではわんちゃんはもちろん
猫ちゃんとの住まいのプロも在籍しております♪

ペットと暮らすお家と生活の、優しい物語を紡ぐ工務店。

私たちが皆様と一緒に、
愛であふれた理想のお家を実現させていただきます!(^^)!

ぜひご相談ください!

わんちゃんの歯磨きの大切さ

こんにちは!
今日はわんちゃんの歯磨きの大切さについてお話しさせて頂きます♪

はみがき.jpeg

最近ではわんちゃんにとっての『歯磨きの大切さ』をしっかり飼い主さんが理解し
毎日歯磨きをしているというわんちゃんも昔と比べて増えてきています!
ピースフルハウスに遊びに来てくれる子たちも
歯がピッカピカ♪口臭も気にならない♪という子が多く
毎日ちゃんとケアしてもらっているんだな~と飼い主さんの
日々の努力に感服いたします!!

それも皆、『大切なわが子を病気から守りたい!長生きしてほしい!』
という愛情からだと思います♪

最近ではパピーちゃんの時から歯磨きを好きになろう!ということで
歯磨き教室を開催されている所もあり、
わんちゃんの歯のケアに対する正しい知識も得ることができる場が
少しずつ増えてきています♪
毎日のケアだからこそ、小さいころから歯磨きに慣れることで、
歯磨きって楽しいよ~と思ってくれたら
わんちゃんも歯磨きの時間が嫌な時間にならず
飼い主さんも磨きやすいと思うのでいいこといっぱいですよね♪

一方現在の日本では3歳以上の飼い犬の約80%以上が、
歯の病気を始めとする何らかの口腔内のトラブルを抱えているという
統計も出てしまっております。

歯周病は症状が重度に陥ると命に関わる危険性もあり、
「歯の病気くらい...」と思わず、
しっかり歯磨きをして毎日ケアをすることが非常に大切です!!

IMG_6095.jpeg

歯周病は歯を支える土台(歯槽骨)を溶かしてしまうため
歯がぐらつき始め、最後には抜け落ちてしまいます。
他にも、犬の上顎の歯の根っこはすぐ上に鼻が通っているため、
その炎症が鼻にまで到達し、くしゃみや鼻汁を慢性的に引きおこします。
また、隣接する頬が炎症によって腫れるなどの症状も見られます。

歳をとった時には、歯が抜けて硬いものが食べられなくなったり
それどころか歯周病が悪化すると、消化器系などにも影響を与え、
やがて命に関わる病気に発展することもあります。

その他にも歯周病は、心疾患、脳血管疾患、糖尿病など
様々な疾患に関連していることがわかっており、口腔内に特異的な細菌が、
心臓や肺など、その他の臓器から発見されていることから、
全身に影響を及ぼすことも懸念されます。

歯周病を予防するには、ヒトと同様、
パピーちゃんの頃から歯磨きの習慣をつけることが大切です!
歯肉炎など軽い症状のうちは、毎日歯磨きをして歯垢・歯石を取り除き、
歯のまわりを清潔にすれば改善します!

症状がかなり進行しているときは、全身麻酔をして
歯垢・歯石を取り除くスケーリングなどの治療を行う必要がありますが、
いくら短時間であっても、全身麻酔は小型犬や老犬にとって大きな身体的負担となるため
日々の歯ブラシでのケアで大切なわんちゃんの命を守りましょう!

IMG_7434.jpg

私も以前は歯に対する知識が乏しく、
リマの歯磨きをさぼり気味でした(´;ω;`)
結果、歯石がたまってしまい、年齢や今後のことも考え、
スケーリングの治療を決め、歯をきれいにしてもらいました。
避妊手術以来の全身麻酔だったため、目が覚めるか心配で心配で・・・
改めて歯磨きの大切さ、リマの大切さを実感致しました(´;ω;`)

はみがき2.jpeg

写真がブレブレですが(笑)今では子供たちと一緒に
わんちゃん用の歯磨き粉を使って歯磨きをしています♪
また、うちの子はお水をたくさん飲むので、
獣医さんからおすすめしていただいた飲み水に混ぜるタイプの
デンタルケアも行なっています♪

IMG_5812.jpeg

毎日歯磨きをするのはなかなか大変だなあと思いますが
大切な家族の命を守るために
これからも続けていきたいと思います(^^♪

皆さんのおすすめのデンタルケアグッズがあったら
ぜひ教えてくださいね♪♪

冬といえば・・・こたつ♪♪

こんにちは!竹上です☆

11月に入り、日中は暖かくても朝晩冷え込む季節がやって来ましたね。
長野県の冬は私たちにとっては過酷な寒さですが
それはきっとわんちゃん、ねこちゃんにも当てはまるはず・・
我が家の愛犬リマちゃんも朝方はプルプル震えています(笑)

ねここたつ

「ね~こはこたつで丸くなる~♪」という歌もあるくらい
ねこちゃんはこたつが好きというイメージですが、
室内でわんちゃんを飼っている方はご存じの通り
わんちゃんもあたたか~いこたつが大好きですよね!
ちなみにうちの子も日中の陽射しが暖かい時は日向ぼっこをしていますが、
朝晩寒い時はよくこたつでお昼寝しています(笑)

「こたつにずっと入っているけど大丈夫・・?」
と心配になる飼い主さんもいると思いますので
今回はこたつのある家庭でわんちゃんを飼っている場合に気を付けるべきことを紹介します。

れれ

まず、ずっとこたつに入っていることでのリスクとして
・熱中症
・低温やけど
・皮膚病になってしまう危険
等があげられます。

低温やけどはこたつだけではなく電気毛布・電気カーペットなど、
じわじわ暖まる暖房器具の使用時には気をつけなければならない症状です。
時々、電源を切って中の温度を調節してあげましょう♪

皮膚病の対策として、こたつでは特に乾燥しやすいので
皮膚のケアはしっかりと保湿を重視しましょう。
乾燥しやすい冬の室内は加湿器を設置するのも乾燥対策です。
また、舐めても安心の肉球専用のクリームも市販されていますので
取り入れてみてもいいですね★!

わんちゃんの皮膚は人間とくらべ1/3程度の厚みしかないと言われており
人間の皮膚の厚みと比較すると薄くなっています。
また、被毛がそもそも薄いシングルコートのわんちゃんなどは、
さらに皮膚がデリケート!!
乾燥しがちな冬は特に注意が必要です。
犬の場合は自分でケアできませんから、飼い主さんが考えてあげましょう♪

めめ

人間とは違って自分で温度調節ができませんので、
わんちゃんやねこちゃんがこたつに入り続けているようなら
飼い主さんの小まめなチェックが大切です★

我が家も気を付けていこうと思います!♪

お家以外も・・・

こんにちは!松岡です

もう秋ですね(*^-^*)
雨が続き、今年は涼しくなるのが速そうです。
この前、衣替えしたとこなのに・・・((+_+))


さて今日は動物病院内の補修工事を行ったときのご紹介を少し。

弊社は新築だけでなく、実はこんなこともやっています。

床の塗装部分が劣化してしまい、もろもろと剥げてきています。
IMG_2703.JPG

タイルをご提案したのですが、最終的に同じ緑の塗装にすることに。
血液がわかるように緑だそうです。そう言えば医療現場は緑が多いですよね。
勉強になりました。

入院中のワンちゃんネコちゃんがいるので匂いや粉が行かないように
念入りに養生して進めます。

1627020001187.jpg

ピカピカに仕上がりました☆☆

20210723_135640.jpg

ペットとの暮らしでお困りの事、
補修や、リフォームもぜひトータルエステートへご依頼ください(*^-^*)